拡大ができます。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか シリーズ年表

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか シリーズ年表

  本編シリーズ 外伝シリーズ その他の作品
  アニメ 原作 アニメ 原作 ゲーム
ダンまち本編ロゴ ダンまち原作ロゴ ソードオラトリアロゴ ダンまち原作外伝ロゴ ダンメモロゴ
       
ダンメモアルゴノゥト

これは、とある滑稽な男の話。不相応な望みを持ち、幾多の思惑に翻弄され、それでも愚者を貫いた、一人の道化の物語
『さぁ、喜劇を始めましょう──』ついに明かされる『ダンまち』の原点。
「ダンメモ」オリジナルストーリー、ダンまちエピソード0/『偉大冒険譚 アルゴノゥト』

ベル、幼少期
幼少期カット
   
ダンメモアストレア・レコード

7年前。秩序が混沌に塗り替えられ、血が血で洗われる『オラリオの暗黒期』。史上最悪の惨状に終止符を打つため、「正義」を標榜する一つのファミリアが立ち上がった。 これは、そんな暗黒の時代を駆け抜けた、とある眷族たちの物語……
「ダンメモ」オリジナルストーリー『偉大冒険譚 アストレア・レコード』

   
ファミリア・クロニクル episode リュー

そこは豊穣の酒場
~Girl meets Girls

ファミリア・クロニクル episode リュー
ファミリア・クロニクル episode フレイヤ

アリィと8人の眷族

ファミリア・クロニクル episode フレイヤ
 
2週間前
ベル、オラリオに到着
ベル、オラリオに到着
   
ダンメモ女神へのカンパネラ

『ダンまち』原作4巻「女神へのカンパネラ」所収。未アニメ化エピソード。
「僕達の【ファミリア】は、この日、始まりを迎えたんだ。」 オラリオに来たばかりのベル・クラネルとヘスティアの始まりの物語。

1日前
第1部 「冒険者」編
第1話
「剣姫と妖精」

遠征中のロキ・ファミリア一行の前に現れた新種の怪物。都市最大派閥、屈強の冒険者たち。地上の光すら届かない深層で繰り広げられる未知との戦い――深層から地上への帰り道で【剣姫】アイズ・ヴァレンシュタインはミノタウロスに襲われている少年を助ける。

第2話
「購入と試着」

地上へと帰還を果たしたロキ・ファミリア一行。アイズはステイタスを更新するが、余りに微々たる成長で、ひとり苦悩を抱えることに。その表情の曇りが気に懸かったレフィーヤ。ティオネとティオナの協力でアイズを元気づけようと画策するが――。

ソード・オラトリア
1
ソード・オラトリア 1巻
   
アニメ 第1期
第1話
「冒険者<ベル・クラネル>」

新米冒険者・ベル・クラネルは、まさに絶体絶命の危機を迎えていた。眼前には、5階層で遭遇するはずのない高レベルモンスター。すくむ足、震える身体……恐怖と絶望に支配されたベルの前に、一人の剣士が舞い降りる……。

ダンまち
1
ダンまち 1巻
第2話
「怪物祭<モンスターフィリア>」

純粋なる思いがベルに与えた能力(アビリティ)【憧憬一途(リアリス・フレーゼ)】。その能力を、ベルの憧れの対象を知ってしまった神・ヘスティア。彼女は複雑な思いを抱えたまま、神々の宴へと足を運ぶ。

   
第3話
「神様の刃<ヘスティア・ナイフ>」

【怪物祭(モンスターフィリア)】の喧騒の中、突如、脱走したシルバーバックからの急襲を受けたベルとヘスティア。唯一の家族を護るため、ベルは、たったひとりで格上の魔物と対峙することに――

第3話
「祭典と勇気」

アイズを【怪物祭(モンスターフィリア)】に誘ったレフィーヤ。だが、アイズはロキと怪物祭に行く運びに。【剣姫】と自分の実力差も相まって落胆するレフィーヤ。怪物祭当日、ティオネ、ティオナと出かけたレフィーヤは、怪物(モンスター)の脱走騒ぎに巻き込まれてしまう。

 
 
第4話
「弱者<サポーター>」

急速な成長に伴い、ダンジョンの7階層にまで到達していたベル。装備品も新調し、次なる冒険への準備をしているところに犬人の少女、リリルカ・アーデから声をかけられる。

ダンまち
2
ダンまち 2巻
第4話
「殺人と宝玉」

アイズは愛剣の修理代を稼ぐため、派閥の面々とダンジョンへ赴く。しかし立ち寄った【迷宮の楽園(アンダー・リゾート)】リヴィラの街で思わぬ事件に巻き込まれてしまう。それは、冒険者による冒険者殺し――迷宮(ダンジョン)内での殺人事件だった。

第5話
「赤髪と孤王」

フィンやアイズが逗留するリヴィラが怪物(モンスター)たちの襲撃を受ける。襲撃してきたのは新種の花型怪物、そしてアイズの前に、それらを操る【調教師(テイマー)】の女が。一方ロキは、ギルドを訪れウラノスと対面していた。そこで核心に迫るための疑問を発する。 「――事件の黒幕は、ギルドか?」

ソード・オラトリア
2
ソード・オラトリア 2巻
 
 
第5話
「魔導書<グリモア>」

リリの周囲に漂う不穏な空気。「なにが冒険者様……ですか」 独りつぶやき、薄暗い路地裏で虚空を見つめるサポーターの瞳―― そこに映るのは絶望、憎しみ……それとも…

第6話
「討伐と逃亡」

赤髪の調教師(テイマー)との一戦後、深層に残る事を決意したアイズ。眼前に見据えるは、迷宮の孤王(モンスターレックス)【ウダイオス】。勝ち目など無いに等しい、無謀とも思える挑戦……。リヴェリアが見守る中、アイズは単身、階層主に立ち向かう。

ソード・オラトリア
3
ソード・オラトリア 3巻
 
 
第6話
「理由<リリルカ・アーデ>」

魔導書(グリモア)から、遂に魔法の力を手にするに至ったベル。着々と力をつけていくさなか、明らかになっていくソーマ・ファミリアの実態。

第7話
「依頼と分断」

レベル6にステイタスを昇華させたアイズの元に『依頼(クエスト)』が舞い込む――24階層で生じた怪物(モンスター)の大量発生、この原因を調査し解決せよ、と。 アイズが厄介事に巻き込まれたと知ったロキは、レフィーヤとベートに追跡を命じる。更に【ディオニュソス・ファミリア】のフィルヴィスも加わり臨時パーティが結成される。

第8話
「穢れと少女」

赤髪の【調教師(テイマー)】レヴィスと再び対顔したアイズ。漆黒の階層主すら退けたアイズの刃が、レヴィスを追い詰めていく。 一方、アイズを追うレフィーヤたちの前には巨大な花の怪物と【白髪鬼(ヴェンデッタ)】が立ちはだかる。

 
 
第7話
「剣姫<アイズ・ヴァレンシュタイン>」

目の前にはベルが追い求め、未だやむことのない憧れを抱き続ける『剣姫』の姿。アイズ・ヴァレンシュタインとの特訓の日々を通じ、ベルはアイズも驚愕するほどの速度で力をつけていく。

ダンまち
3
ダンまち 3巻
第9話
「訓練と嫉妬」

【白髪鬼(ヴェンデッタ)】の魔石を喰らい、更なる力を手にしたレヴィスから、59階層に来いと告げられたアイズ。一旦地上へ戻り、深層遠征の準備を進める中、アイズはギルド本部に向かう。逃げられっぱなしの彼の少年、ベルに謝罪をする為に。

ソード・オラトリア
4
ソード・オラトリア 4巻
ダンメモクエスト×クエスト

『ダンまち』原作4巻「クエスト×クエスト」所収。未アニメ化エピソード。
冒険者の間でも評判が高い治療と製薬のファミリアを率いるディアンケヒト。そして、そのディアンケヒトに莫大な負債を抱えるミアハ。 【ミアハ・ファミリア】を救うため、犬人ナァーザはベルとリリに冒険者依頼を発注する。

第8話
「英雄願望<アルゴノゥト>」

ベルが、次第にランクアップに興味を示すようになるのは当然の帰結であった。いつもと同じダンジョン。いつもと同じ冒険者としての日々。だが、静かに、そして確実に近づいていた――ベル・クラネルにとっての本当の『冒険』の刻が――。

第10話
「少年と英雄」

遠征出発の日、約束の最終日までアイズはベルと共に特訓を続け、ベルはアイズの眼前で尋常ならざる成長を見せた。アイズ自身も、更なる境地に至るため、未踏の地を目指し歩を進めようと意を決する。そして再び始まった【ロキ・ファミリア】の遠征だったが――

 
 
第2部 「ファミリア」編
   
 
第9話
「鍛冶師<ヴェルフ・クロッゾ>」

史上最速でのランクアップを遂げた世界最速兎――ミノタウロスとの激闘を制し、ベルの名は『リトル・ルーキー』のふたつ名と共にオラリオ中に轟くこととなった。「俺をお前のパーティに入れてくれ」ヴェルフ・クロッゾとの新たな出会い。

ダンまち
4
ダンまち 4巻
第11話
「冒険と未知」

ミノタウロスを撃破したベル・クラネル――駆け出しの少年が見せた、苛烈な『冒険』は【ロキ・ファミリア】の幹部たちにも少なからず影響を及ぼしていた。少年を好敵手としていたレフィーヤの心情は穏やかではない。だが、レフィーヤは思い直す。自分もまた『冒険』の真っ只中であるのだと。

第12話
「神々と眷族<ソード・オラトリア>」

ダンジョン59階層。【ロキ・ファミリア】の眼前に現れた美しき異形――巨大植物の怪物(モンスター)『死体の王花(タイタン・アルム)』を依代に、寄生させた宝玉から羽化した精霊。前代未聞の能力を有する精霊に対するは都市最大派閥の精鋭たち。人知れず、迷宮都市最大の戦いの火蓋は切って落とされた――。

 
 
第10話
「怪物進呈<パス・パレード>」

ダンジョン中層へと足を踏み入れたベルたち。そこは冒険者を困惑、混乱させ、死に至らしめることに長けた、死地と呼ぶに相応しい場所だった。

ダンまち
5
ダンまち 5巻
 
ソード・オラトリア
5
ソード・オラトリア 5巻
ダンメモ交錯の迷宮楽園

『ソード・オラトリア』原作5巻所収。未アニメ化エピソード。
59階層の決戦を制し帰還に移る【ロキ・ファミリア】。道中、18階層で野営を行うアイズ達の前に白髪の少年の姿が……
少年に興味津々のアイズ達、そして一人不機嫌なエルフの少女。しかし少年がもたらす騒動に、ついにレフィーヤの怒りが爆発する!

 
第11話
「迷宮の楽園<アンダー・リゾート>」

ダンジョンで消息を絶ったベルたちを捜索するため、有志の冒険者を伴いダンジョンへと潜ったヘスティア。だが、彼女たちが中層に至ったとき、既にベルの姿はなく、一行は、ベルたちが更に奥へ進んだことを知る。より強大になるモンスター、複雑さを増す迷宮、物資は枯渇し、仲間たちもやがて……そして姿を現す階層王――生命を賭した冒険は終わらない……。

   
 
第12話
「悪意<ショー>」

モンスターが産まれない18階層『迷宮の楽園』。命からがら、安全地帯へたどり着いたベルたちは、そこでアイズを始めとするロキ・ファミリアの面々に迎え入れられることに。

   
 
第13話
「眷族の物語<ファミリア・ミィス>」

安全地帯であるはずの階層に突如姿を現した黒い階層王・ゴライアス。剣を抜き、弓を引き、魔法の詠唱がこだまする――つい先刻までいがみ合っていた冒険者たちもベルに続くように、死力を尽くして階層王に立ち向かう。

 
ソード・オラトリア
6
ソード・オラトリア 6巻
ファミリア・クロニクル episode リュー

グランカジノをぶっつぶせ!

ファミリア・クロニクル episode リュー
ダンメモ渚と闘争のロンド

『ソード・オラトリア』原作6巻所収。未アニメ化エピソード。
遠征を終えた【ロキ・ファミリア】は、迷宮(ダンジョン)第二の出入り口を探すため、港街メレンを訪れる。しかし、そこで待ち受けていたのは、双子姉妹の悪しき因縁【カーリー・ファミリア】。不穏な影が暗躍する港街で、ティオネとティオナは忌々しき過去と対峙する。

 
アニメ OVA
OVA
「ダンジョンに温泉を求めるのは間違っているだろうか」

18階層での大激戦の末、階層主との戦いに勝ったベル達。ダンジョンから地上に戻る途中で、温泉のような場所を見つけて、そこで休息をとることに……。

   
 
劇場版ダンまち -オリオンの矢-

迷宮都市が蒼然と輝く【神月祭】の夜、ベルは選ばれし者にしか抜けないといわれる、伝説の『槍』を引き抜いてしまう。そして、彼の前に現れる一柱の女神・アルテミス。ベルに新たなる冒険者依頼が託される。それは、オラリオから遠く離れた秘境の地に眠る伝説の怪物の討伐だった―――

   
 
アニメ 第2期
第1話
「神の宴<パーティー>」

ダンジョン探索の合間に開かれたささやかな酒宴。その席でベルは、他の冒険者から、あからさまな挑発を受け、乱闘騒ぎを起こしてしまう。乱闘騒ぎの相手は【アポロン・ファミリア】。その団長であるLv.3の冒険者、ヒュアキントスを相手に、ベルは完膚なきまでに叩きのめされる。

ダンまち
6
ダンまち 6巻
   
 
第2話
「太陽神<アポロン>」

神の宴で主催者のアポロンから、ベルを賭けた派閥間の決闘――【戦争遊戯】を持ちかけられたものの、これを断固拒否したヘスティア。しかし翌朝、ベルとヘスティアの本拠地に【アポロン・ファミリア】の襲撃が。ヘスティアを連れ、逃げ惑うベルの前に、【太陽の光寵童】ヒュアキントスが立ちはだかる――

   
第3話
「集結<コンバージョン>」

アポロンに宣戦布告を叩きつけたヘスティア。ベルをアイズとの特訓に向かわせ、自身はアポロンとの【戦争遊戯】開催に伴う交渉に臨むことに。一方で団長・ザニスの手により、半ば強引に【ソーマ・ファミリア】に連れ戻されたリリ。必死の思いで主神・ソーマに派閥からの脱退を願うものの、聞き入れらることはなかった。

   
 
第4話
「戦争遊戯<ウォーゲーム>」

神酒の魅惑に打ち克ったリリ、友を助けんと名乗りを上げたヴェルフと命の三名が新たに【ヘスティア・ファミリア】に改宗。更にヘルメスの助力もあって、派閥外の助っ人としてリューが参戦。迎えた【戦争遊戯】当日。好奇、憂慮、期待、信頼――迷宮都市中の様々な目が見守る中、リューの魔剣が、命の魔法が、開戦の狼煙を上げる――

   
 
第5話
「竈火の館<ホーム>」

【戦争遊戯】に見事勝利し、ベルを守りきった【ヘスティア・ファミリア】。本拠地についても、先の騒動で破壊された教会に代わり【戦争遊戯】の副産物として手に入れた【アポロン・ファミリア】の巨大な館に引っ越し、新たな門出としては、まさに順風満帆。この機を逃すまいと、ヘスティアは更なる団員の増強を画策するが――

ダンまち
7
ダンまち 7巻
     
 
第6話
「淫都<イシュタル・ファミリア>」

夜な夜な出歩く命を心配し、後をつけることにしたベル、リリ、ヴェルフの三名。千草と合流し、命が向かった先は、オラリオが誇る、もうひとつの顔――大歓楽街だった。 命と千草が歓楽街を訪れた理由は、昔なじみの友人が働いているという噂を聞きつけたからという話……

 
ソード・オラトリア
7
ソード・オラトリア 7巻
 
 
第7話
「狐人<ルナール>」

娼館で出会った狐人の娼婦・春姫の助けで、アマゾネスの娼婦たちから命からがら逃げ出し、なんとか貞操を守りきったベル。命の尋ね人が当の春姫であったこと、そして彼女が所属する【イシュタル・ファミリア】が第一級冒険者まで擁する大派閥で、非常に狡猾で好戦的であることを知らされ、ベルの疑問は、苦悩へと変わっていく。

   
 
第8話
「殺生石<ウタカタノユメ>」

春姫を身請けするため、ダンジョンに潜り、モンスターを狩り続けるベルたち。しかし、ダンジョン内の食料庫で突如襲撃してきた【イシュタル・ファミリア】により、ベルと命は捕らわれの身となってしまう。

   
 
第9話
「戦闘娼婦<バーベラ>」

術者の生命と引き換えに、狐人が持つ妖術を無制限に使用可能とするアイテム『殺生石』。春姫の過酷な運命を知り、立ちつくすベル。『春姫の英雄』になることを誓ったベルは立ち上がり、再度【イシュタル・ファミリア】の本拠地へ乗り込む――たったひとりの少女を救うために。

   
第10話
「英雄切望<アルゴノゥト>」

捨て身の行動により命が開いた血路に飛び込み、殺生石を砕いたベル。詠唱された『階位昇華』の妖術が加護を与えた先はベル・クラネル。偽りなき願いを叫ぶ春姫を背に、ベルは第一級冒険者たるフリュネを迎え撃つ。

   
       
ソード・オラトリア
8
ソード・オラトリア 8巻
 
第11話
「進軍<ラキア>」

国家系派閥【アレス・ファミリア】によるオラリオ襲撃の一報がもたらされるものの……圧倒的な戦力を有する迷宮都市が普段の営みを乱すことはなく。ベルも穏やかな日常を送っていたが、ほんの些細な言葉の行き違いから、ヘスティアが本拠地を飛び出してしまう――

ダンまち
8
ダンまち 8巻
 
ソード・オラトリア
9
ソード・オラトリア 9巻
ダンメモとある神々と眷族の恋歌

『ダンまち』原作8巻に収録された未アニメ化エピソードが大冒険譚として『ダンメモ』に登場。
武神への恋歌、小人族の求婚、鍛冶神への恋歌──
神と子供達が送るささやかな日常編。

 
第12話
「女神と眷族<アイノウタ>」

ベルたちが流れ着いた先は山間の集落・エダス村。強大なモンスターの庇護に預かる平和な村で、ベルとアイズは、体調を崩したヘスティアの看病、そしてアレスの動向を警戒しつつ、村の世話になることに。ヘスティアの回復を見守る日々の中、村では豊穣を祈願する祭の日が近づいていた――

   
 
アニメ OVA
OVA
「無人島に薬草を求めるのは間違っているだろうか」

ベル、ヘスティアを始めとした【ヘスティア・ファミリア】の団員たち、そして戦争遊戯でベルたちに協力したリューを加え、彼らが向かった先は無人島であるユージン島。これは、ヘスティアたちと親交が深い神ミアハが、冒険者依頼のついでに彼らの慰安旅行を取り計らってくれたものだった。こんな話に乗らないはずもないヘスティアたち。さっそく無人島にやってきて束の間のバカンスを満喫することに……ただ、もちろん何事もなく終わるはずがなく──

       
 
第3部 「異端児」編
   
 
アニメ 第3期
第1話
「竜の少女<ウィーネ>」

【戦争遊戯】での活躍以来、オラリオで注目を集めるようになった【ヘスティア・ファミリア】。そんなある日、ベルはダンジョン19階層・大樹の迷宮で、モンスターに襲われる少女を救出する……しかし、その少女は『モンスター』だった――

ダンまち
9
ダンまち 9巻
     
 
第2話
「片翼<モンスター>」

ベルがダンジョンから連れ帰った、言葉を話す竜の少女・ウィーネ。ダンジョンで何が起きているのか、ウィーネの様な存在は他にもいるのか。その答えを求めて、ベルはアイシャとリューに助っ人を依頼し、再びウィーネと出会った19階層・大樹の迷宮へと赴くことに――

     
 
第3話
「異端児<ゼノス>」

街中で姿を晒し、騒動を巻き起こしてしまったウィーネを、なんとか救出したベルたち。地上でモンスターを匿うという難しさに直面する中、ギルドから【ヘスティア・ファミリア】に強制任務ミッションが課される――

 
ソード・オラトリア
10
ソード・オラトリア 10巻
 
 
第4話
「遠い夢<アコガレ>」

ダンジョン20階層でベルたちが出会った、言葉を解するモンスター・異端児。ベルたちは彼らから手厚い歓待を受け、モンスターが人類と同じように言葉を話し、笑い合う、その異様な光景に戸惑いを隠せない。宴の中、ベルはリーダー格である蜥蜴人のリドから彼らの目的を聞く――

   
 
第5話
「惨劇の王者<イケロス・ファミリア>

リドたちの元にウィーネを預けることとなり、ウィーネと別れたベルたち。異端児たちは隠れ里を替えるため、幾つかの集団に分かれ移動を開始していたが、ディックス率いる【イケロス・ファミリア】の奸計に嵌り次々と惨殺され、ウィーネにも、その魔の手が――

ダンまち
10
ダンまち 10巻
   
 
第6話
「人造迷宮<クノッソス>」

ラーニェたちの復讐のため、リヴィラの街を壊滅に追い込んだ異端児たち。ウラノスの計らいで【ガネーシャ・ファミリア】を中心に組まれた討伐隊に紛れ込んだベルは、18階層の森でリドに邂逅する。ベルに追いついたリューからも地上へ戻ることを勧められるが……少年は、ウィーネを捜す選択をする――

   
 
第7話
「獣の夢<ディックス・ペルディクス>

異端児たちを追って【イケロス・ファミリア】の拠点である人造迷宮に乗り込んだフェルズとベル。そこで彼らが見たものは、異端児の同士討ちを誘発する、ディックスの呪詛……血の呪いに囚われた男の狂気はウィーネにも伸び──同刻、18階層では最強の異端児が動き出していた――

   
 
第8話
「愚者<ベル・クラネル>」

ディックスによって暴走し、地上へ飛び出してしまったウィーネと、彼女を追ってきたベル。彼らの前には、ウィーネをオラリオの脅威と判断した、アイズたち【ロキ・ファミリア】の姿が。都市最強の冒険者たちを前に、ベルが選択した行動は、ウィーネを庇い彼らの前に立ちはだかることだった……

   
 
第9話
「零落<スティグマ>」

最強の異端児・アステリオスの参戦、そしてフェルズの起こした奇跡によりウィーネは死を免れた。しかし、ベルが地上に進出したモンスター討伐を阻害したという事実は消える筈もなく……ベルにはオラリオ中からの非難の目が向けられ、心ない罵倒の的となってしまう

ダンまち
11
ダンまち 11巻
   
 
第10話
「強行突破<インビジブル>」

異端児たちを助け、ダンジョンへと返すことを決断したベルと【ヘスティア・ファミリア】は着々と準備を進めていく。一方、それを阻止すべく動く【ロキ・ファミリア】。更にエイナ、アイシャ、リュー、ヘルメス……そしてアイズが。それぞれの思いを胸に、異端児を巡る最後の戦いの火蓋が今切られる――

   
 
第11話
「決戦<ウルトラソウル>」

【ロキ・ファミリア】との攻防が続く中、ガレスの参戦により、ウィーネはフェルズたちの一団からはぐれ、ティオナと出会ってしまう…。ヴェルフと命は魔剣を駆使してガレスに対抗するが…。一方、アイズの追跡から逃れたベルは、春姫と合流し、二人でウィーネを捜すことに――

   
 
第12話
「英雄回帰<アルゴノゥト>」

ベルのために異端児たちに「死」を要求するヘルメス。その神意のままにグロスたちが地上で暴れ始め、大混乱に陥るオラリオ。グロスの爪が避難誘導中のエイナを引き裂かんと振り下ろされ──そしてダイダロス通りでは、一頭の獣が、その歩みを進めていた。夢にまで見た、ただひとりの宿敵に遭うために――

   
ページトップに戻る